250031
十七茶

まぁ、お茶でも一杯 のんびりといきましょ。

こちらはQLD句会会場の句会掲示板です。

投稿内容は別途に当ホームページ内において保存・閲覧されることをご了承下さい。
各種宣伝・誹謗中傷・営利目的等、管理者が運営に支障があると判断した場合、連絡なくメッセージを削除する事があります。

[ホームに戻る] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [ログダウンロード] [管理用]
[QLD句会手順・作法] [お知らせ] [出句ボード] [出句者一覧] [QLD句会歳時記]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

第633回QLDボード句会「要領」 投稿者:中ちゃん 投稿日:2017/10/28(Sat) 21:47 No.19478 home   
第633回の「要領」を「お知らせ」に載せました。ご覧ください。

 体調がよくなってきたので、来週は家内と修善寺の能舞台がある旅館へ行って、笛を聴いてきます。
 笛の吹き手は六郎兵衛(ろくろうびょうえ)さんと言い、室町時代からの笛の家柄です。家内の師匠でもあります。楽しみです。

名乗ります 投稿者:鶴子 投稿日:2017/10/28(Sat) 21:43 No.19477   
鶴子名乗り

猫通ふいつもの道の末枯るる (2)
(樽金さん・亜紀さん)

山荘で目覚めて今朝の肌寒し (1)
(未貴さん)

笑ひ飛ぶおしゃべり会の栗羊羹 (1)
(クリトンさん)

以上

亜紀さんトップ賞おめでとうございます。ハクシュ〇〇

今回も名乗り無しと思っていました。
樽金さん・亜紀さん・未貴さん・クリトンさん選句していただいて
(人''▽`)ありがとう☆ございました。
:笑ひ飛ぶおしゃべり会の栗羊羹 をクリトンさんが選んでくださり
クリトンさんと同年齢?この気持ちをわかっていただき嬉しかったです。

%pic=blogimg.goo.ne.jp/user_image/6e/f8/7557cb5d8113098143c7d28af0c6f326.jpg%%
今日お寺参りに行ってきまして、可愛い野良ちゃんが「ごはん頂戴」と
パンを喜んで銜えていきました。連れて帰りたいぐらいでしたが
愛犬みいがいましたので、それは無理でした。

名乗ります 投稿者:中ちゃん 投稿日:2017/10/28(Sat) 21:30 No.19476 home   
中ちゃん名乗り

残菊やむかし荘園ありしてふ (4)
(まぐのりあさん・未貴さん・亜紀さん・泥亀さん)

末枯やまだ虫のゐる水路端 (2)
(樽金さん・越冬こあらさん)

栗羊羹楊枝を入るる刹那かな (1)
(クリトンさん)

以上


3句とも名乗れて満足です。
ご選句くださった方々ありがとうございます。

亜紀さん、トップおめでとうございます。

名乗ります 投稿者:樽金 投稿日:2017/10/28(Sat) 19:18 No.19475   
樽金名乗り

山荘を後に行く尾根天高し (3)
(中ちゃん・こひつじさん・クリトンさん)

末枯野過ぐ郵便車見え隠る (1)
(泥亀さん)

恥じらひを知る年頃ぞ栗羊羹 (1)
(中ちゃん)

以上

今回も何とか3句名乗ることができました。
うち、厳しい選句眼の中ちゃんに2選句いただき、
今後、励みになります。
亜紀さん、トップ賞おめでとうございます。

末枯れは、草木の先端が枯れる(根元の方ははまだ枯れない)ことと、
理解しておりましたが、
柿の葉も末枯れるのですね。勉強になりました。

名乗ります 投稿者:泥亀 投稿日:2017/10/28(Sat) 17:41 No.19474   
泥亀名乗り

旅衣かろし夜長の旅荘かな (1)
(まぐのりあさん)

末枯れや駐車場の赤ランプ (1)
(鶴子さん)

以上

まぐのりあさん、鶴子さん、貴重な選句、有難う御座いました。

末枯れやトランペットの音ずれて の亜紀さんトップ賞おめでとうございます。

末枯れと音ずれてが微妙に響き合って迷わず戴きました。

名乗ります 投稿者:亜紀 投稿日:2017/10/28(Sat) 12:28 No.19473   
亜紀名乗り

すれ違ふお太鼓の帯栗羊羹 (1)
(越冬こあらさん)

秋惜しむゆのたに荘に湯あみして (1)
(樽金さん)

末枯やトランペットの音ずれて (5)
(流さん・未貴さん・クリトンさん・鶴子さん・泥亀さん)

以上

3句名乗ることができました。うち一句は最高点をいただきありがとうございました。これを励みに精進したいと思います。
また台風が近づいております。お近くの皆さま、お気をつけ下さいませ。

名乗ります 投稿者:まぐのりあ 投稿日:2017/10/28(Sat) 07:20 No.19472   
まぐのりあ名乗り

けふ一つあしたに一つ栗かのこ (4)
(中ちゃん・こひつじさん・亜紀さん・鶴子さん)

風くれば風のかたちに末枯るる (4)
(樽金さん・中ちゃん・こひつじさん・越冬こあらさん)

トキワ荘アトム飛び立つ雁の頃 (1)
(越冬こあらさん)

以上

ご選句いただきました中ちゃんさん・こひつじさん・亜紀さん・鶴子さんありがとうございました。
小布施堂の栗鹿ノ子が好物で大事に賞味する妹を詠みました。
二句目には樽金さん・中ちゃんさん・こひつじさん・越冬こあらさん
三句目には越冬こあらさんありがとうございました。
「風くれば・・」の句にうまい!のひとことの評を中ちゃんさんいただきました。
最初は「風あれば・・」と詠んでいましたが、推敲した句です。

末枯れやトランペットの音ずれて 作者様トップ賞おめでとうございます

名乗ります 投稿者: 投稿日:2017/10/27(Fri) 21:35 No.19471   
流名乗り

蓑虫が揺れる山荘後にする (1)
(樽金さん)

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池 (4)
(まぐのりあさん・こひつじさん・越冬こあらさん・亜紀さん)

以上

ご選句くださいました樽金さんまぐのりあさんこひつじさん
越冬こあらさん亜紀さん ご選句ありがとうございました

末枯れやトランペットの音ずれて

の作者様トップおめでとうございます

%p400=pbs.twimg.com/media/DM2LG4wUIAA26ch.jpg%%

■■第632回QLDボード句会「選句一覧」... 投稿者:越冬こあら 投稿日:2017/10/27(Fri) 21:18 No.19470   
■■第632回QLDボード句会「選句一覧」■■

第632回QLDボード句会の選句一覧を発表致します。

猫通ふいつもの道の末枯るる (2)
(樽金・亜紀)

旅衣かろし夜長の旅荘かな (1)
(まぐのりあ)

山荘を後に行く尾根天高し (3)
(中ちゃん・こひつじ・クリトン)

しがらみのことごとく解け末枯るる (2)
(流・泥亀)

けふ一つあしたに一つ栗かのこ (4)
(中ちゃん・こひつじ・亜紀・鶴子)

末枯野過ぐ郵便車見え隠る (1)
(泥亀)

すれ違ふお太鼓の帯栗羊羹 (1)
(越冬こあら)

栗羊羹五人家族は五等分 (1)
(クリトン)

恥じらひを知る年頃ぞ栗羊羹 (1)
(中ちゃん)

栗羊羹店主の自慢話かな (3)
(流・未貴・鶴子)

別荘の管理任され冬まぢか (2)
(まぐのりあ・こひつじ)

残菊やむかし荘園ありしてふ (4)
(まぐのりあ・未貴・亜紀・泥亀)

末枯やまだ虫のゐる水路端 (2)
(樽金・越冬こあら)

山荘で目覚めて今朝の肌寒し (1)
(未貴)

蓑虫が揺れる山荘後にする (1)
(樽金)

末枯の畦に鍬置き伸ばす腰 (3)
(流・未貴・鶴子)

食べる日を決めてをりけり栗羊羹 (1)
(まぐのりあ)

秋惜しむゆのたに荘に湯あみして (1)
(樽金)

栗羊羹楊枝を入るる刹那かな (1)
(クリトン)

ご隠居の打ち明け話栗羊羹 (1)
(流)

笑ひ飛ぶおしゃべり会の栗羊羹 (1)
(クリトン)

末枯やトランペットの音ずれて (5)
(流・未貴・クリトン・鶴子・泥亀)

木村荘のキムラコーポとなりて秋 (2)
(中ちゃん・亜紀)

末枯れや駐車場の赤ランプ (1)
(鶴子)

風くれば風のかたちに末枯るる (4)
(樽金・中ちゃん・こひつじ・越冬こあら)

トキワ荘アトム飛び立つ雁の頃 (1)
(越冬こあら)

末枯や体重計にのせる足 (1)
(泥亀)

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池 (4)
(まぐのりあ・こひつじ・越冬こあら・亜紀)

以上

今句会の最高得点句は、

末枯やトランペットの音ずれて (5)

でした。おめでとうございます!

出句=11名( 33句) 選句=11名( 55句)

選句します 投稿者:泥亀 投稿日:2017/10/27(Fri) 16:53 No.19469   
泥亀選

しがらみのことごとく解け末枯るる

末枯野過ぐ郵便車見え隠る

残菊やむかし荘園ありしてふ

末枯やトランペットの音ずれて

末枯や体重計にのせる足

以上

遅れてすみません。
宜しくお願いします。


お知らせ 投稿者:越冬こあら 投稿日:2017/10/27(Fri) 05:34 No.19468   
おはようございます。
第632回QLD句会の選句締切りとなりましたが、泥亀さんから選句を頂いておりません。
泥亀さん、ご選句のほど、宜しくお願い致します。

選句します 投稿者:越冬こあら 投稿日:2017/10/26(Thu) 05:34 No.19460   
越冬こあら選

すれ違ふお太鼓の帯栗羊羹
末枯やまだ虫のゐる水路端
風くれば風のかたちに末枯るる
トキワ荘アトム飛び立つ雁の頃
末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池

以上
---------------------------------
すれ違ふお太鼓の帯栗羊羹
 木の温もりを両手で包む

末枯やまだ虫のゐる水路端
 草笛の音が似合う夕暮れ

風くれば風のかたちに末枯るる
 過ぎ去りし後心身に沁む

トキワ荘アトム飛び立つ雁の頃
 十万馬力は人類の宝

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池
 午後の曇天伝える予報

意味の不可解、不如意等、ご容赦下さい。

草笛!! - 2017/10/26(Thu) 09:18 No.19461
 
暮行けば浅間も見えず
歌哀し佐久の草笛
・・

ですよねぇ!!

(関係ないことですみません!!)


千曲川旅情 - 鶴子 2017/10/26(Thu) 20:10 No.19466
(^^♪
千曲川いざよふ波の

岸近き宿にのぼりつ

濁り酒濁れる飲みて

草枕しばし慰む(^^♪

懐かしくなり歌ってしまいました。(^^♪
うるさくってすみません。


鶴子さん - 2017/10/26(Thu) 20:32 No.19467
 
これお聞きになったことはおありでしょうか

%link=www.youtube.com/watch?v=I0w35s0Kkbo&feature=youtu.be%%


選句します 投稿者:鶴子 投稿日:2017/10/26(Thu) 19:59 No.19465   
鶴子選

けふ一つあしたに一つ栗かのこ

栗羊羹店主の自慢話かな

末枯の畦に鍬置き伸ばす腰

末枯やトランペットの音ずれて

末枯れや駐車場の赤ランプ

以上


朝からバタバタと忙しい一日でした。

コープの宅配便の申請をしまして、明日から開始です。

調子に乗って余計なものまで注文しそうです。

選句します 投稿者:クリトン 投稿日:2017/10/26(Thu) 19:25 No.19464   
クリトン選

山荘を後に行く尾根天高し

栗羊羹五人家族は五等分

栗羊羹楊枝を入るる刹那かな

笑ひ飛ぶおしゃべり会の栗羊羹

末枯やトランペットの音ずれて

以上


選句します。 投稿者:亜紀 投稿日:2017/10/26(Thu) 17:20 No.19463   
亜紀選

猫通ふいつもの道の末枯るる

けふ一つあしたに一つ栗かのこ

残菊やむかし荘園ありしてふ

木村荘のキムラコーポとなりて秋

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池

以上

今日は秋晴れの澄んだ青空が見られました。

選句します 投稿者:未貴 投稿日:2017/10/26(Thu) 16:51 No.19462   
未貴選

栗羊羹店主の自慢話かな

残菊やむかし荘園ありしてふ

山荘で目覚めて今朝の肌寒し

末枯の畦に鍬置き伸ばす腰

末枯やトランペットの音ずれて

以上

私の歳時記にも「栗羊羹」は載ってませんでした。
「栗おこわ」「栗飯」があります。

選句します 投稿者:こひつじ 投稿日:2017/10/25(Wed) 22:25 No.19459   
こひつじ選

山荘を後に行く尾根天高し

けふ一つあしたに一つ栗かのこ

別荘の管理任され冬まぢか

風くれば風のかたちに末枯るる

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池

以上

今回は、選句のみで失礼します。

選句します 投稿者:まぐのりあ 投稿日:2017/10/25(Wed) 21:40 No.19458   
まぐのりあ選

旅衣かろし夜長の旅荘かな

別荘の管理任され冬まぢか

残菊やむかし荘園ありしてふ

食べる日を決めてをりけり栗羊羹

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池

以上


旅衣かろし夜長の旅荘かな
 きっとこの旅はとてもよい旅なのでしょう。
 心も軽やかで秋は深く夜は長い

別荘の管理任され冬まぢか
 別荘の管理はなにかと用事があり冬支度もせねばなりません。
 きっちりとお仕事される気概が感じられます。
 (もしかしてお留守番言い付かった・・)

残菊やむかし荘園ありしてふ
 ○○荘園と名のつく分譲地もあります。
 そこも昔 荘園だった地域です。菊が似合います。
 古都に住んでいると古い地名がたくさん残っていました。
 町村合併でその地名も今風やカタカナ表記等へ変わりました。

食べる日を決めてをりけり栗羊羹
 特別な日に特別な栗羊羹を!

末枯れの柿の葉浮かぶ地蔵池
 池の周りの柿の葉も落ち初め草木の盛りも終わりました。
 草木の先が色づき池の水との対比が美しいです。
 

選句します 投稿者:中ちゃん 投稿日:2017/10/24(Tue) 10:11 No.19457 home   
中ちゃん選

山荘を後に行く尾根天高し

けふ一つあしたに一つ栗かのこ

恥じらひを知る年頃ぞ栗羊羹

木村荘のキムラコーポとなりて秋

風くれば風のかたちに末枯るる

以上


山荘を後に行く尾根天高し
    今朝の旅立ちですね。尾根が見えます。

けふ一つあしたに一つ栗かのこ
    和菓子は貴重品でした。だいじに食べるのが普通でした。

恥じらひを知る年頃ぞ栗羊羹
    「二物衝突」がうまくいっていますね。

木村荘のキムラコーポとなりて秋
    さいきん時代の流れを感じますね。

風くれば風のかたちに末枯るる
    「うまい!」のひとこと。

選句します 投稿者:樽金 投稿日:2017/10/23(Mon) 16:03 No.19456   
樽金選

猫通ふいつもの道の末枯るる

末枯やまだ虫のゐる水路端

蓑虫が揺れる山荘後にする

風くれば風のかたちに末枯るる

秋惜しむゆのたに荘に湯あみして

以上

栗羊羹は難しい兼題ですね。樽金の歳時記の一つには季語としての
掲載はなく、もう一つは季語としてはあっても例句はありませんでした。
栗羊羹は身近にあっても、俳句に詠むとなると、至難だと感じました。
もっとも、他の季語でもいつも簡単にはいきませんけどね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

No. 暗証キー

- YY-BOARD -