246981
十七茶

まぁ、お茶でも一杯 のんびりといきましょ。

こちらはQLD句会会場の句会掲示板です。

投稿内容は別途に当ホームページ内において保存・閲覧されることをご了承下さい。
各種宣伝・誹謗中傷・営利目的等、管理者が運営に支障があると判断した場合、連絡なくメッセージを削除する事があります。

[ホームに戻る] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [ログダウンロード] [管理用]
[QLD句会手順・作法] [お知らせ] [出句ボード] [出句者一覧] [QLD句会歳時記]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

名乗ります 投稿者:まぐのりあ 投稿日:2017/09/16(Sat) 11:58 No.19331   
まぐのりあ名乗り

過不足を一日言わず白露の日 (3)
(亜紀さん・越冬こあらさん・未貴さん)

檸檬二個檸檬哀歌の歌碑の前 (3)
(流さん・こひつじさん・未貴さん)

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔 (6)
(中ちゃん・ヤチ代さん・泥亀さん・亜紀さん・こひつじさん・鶴子さん)

以上


思いがけずにトップ賞を頂戴いたしました。
お選びいただきましてありがとうございました。
「珈琲を濃いめに淹れて秋日和」が原句でした。
これだと春、夏を過ごした今ある自分を表していないと推敲しました。
春、夏が過ぎて闘病へ向かう気概みたいなものが欲しかった。
朝 鏡に写った顔を見て「秋の顔」にしました。
冬の顔は辛い顔になるかも?予測です(癌闘病生活に入った9月)
トップ賞いただいき告知もできました。
とにかく明るい癌患者ですのでご心配なく!

俳句を続けてこれてよかったです。
QLD句会の皆様に出会えてよかったです。
日記的俳句 一日十句継続します。

トップ賞おめでとうございます - 2017/09/16(Sat) 14:26 No.19332
 
その意気その意気!!

癌は治る病気になってきましたが
それでも薬の副作用とかあって楽な病気ではありません
しかしその意気で頑張ってください


まぐのりあさんへ - 鶴子 2017/09/16(Sat) 19:43 No.19334
トップ賞おめでとうございます。
いつも、明るくふるまっていらっしゃいましたので、ビックリしてます。

どうぞこれからも俳句を友達として頑張ってくださいね。
応援しております。フレーフレーまぐのりあさん。


名乗ります 投稿者:泥亀 投稿日:2017/09/16(Sat) 15:54 No.19333   
泥亀名乗り

青空の動けば動く曼殊沙華 (3)
(樽金さん・亜紀さん・未貴さん)

殉教の露の石碑をなぞりけり (2)
(ヤチ代さん・こひつじさん)

ひく波に曳かれゆく過去浜の秋 (2)
(中ちゃん・ヤチ代さん)

以上

沢山のご選句、有難う御座いました。

特にヤチ代さんには2句も感謝します。

ご選句を糧に作句に精進します。


第630回QLDボード句会「要領」 投稿者:中ちゃん 投稿日:2017/09/16(Sat) 04:09 No.19330 home   
第630回の「要領」を「お知らせ」に載せました。ご覧ください。

今日、台風の中、上京します。2泊の予定。
東京でなにかうまいものでも食べようと思いますが、店がやっているかどうか?

上京してもネットは見られますが、メールが読めなくなります。

名乗ります 投稿者:中ちゃん 投稿日:2017/09/16(Sat) 03:48 No.19329 home   
中ちゃん名乗り

堰(せき)越ゆる水泡だちて秋出水 (1)
(泥亀さん)

闇刻む虫の音高くまた低く (2)
(ヤチ代さん・泥亀さん)

以上


泥亀さん、ヤチ代さんに採っていただきました。
ありがとうございます。

泥亀さんには2句選をいただき重ねて感謝いたします。

名乗ります 投稿者:樽金 投稿日:2017/09/15(Fri) 14:02 No.19328   
樽金名乗り

いつもよりたんと炊きたる今年米 (1)
(鶴子さん)

淡く濃くまた淡く霧牛点てん (1)
(中ちゃん)

二百十日赤んぼやうやく首据わる (2)
(亜紀さん・鶴子さん)

以上

3句とも辛うじて日の目を見ました。
お選びいただきありがとうございます。

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔 
トップおめでとうございます。

秋の顔がいまひとつ腑に落ちず、取り落としてしまいました。
秋の顔があれば、春の顔、夏の顔、冬の顔があるのかなぁ?
やはり、細かい観察が必要ですね。

名乗ります 投稿者:こひつじ 投稿日:2017/09/15(Fri) 10:04 No.19327   
こひつじ名乗り

冬瓜の尻を守りし紐の網 (2)
(まぐのりあさん・越冬こあらさん)

胡麻叩く筵に婆と茶と駄菓子 (2)
(亜紀さん・未貴さん)

秋茄子や姑(ハハ)とは同志かも知れぬ (1)
(ヤチ代さん)

以上

3句名乗れました。
選句して下さった方々、有難うございました。

姑と18年一緒にいました。
今は、自転車でも5〜6分の所に住んでいます。
昨日は、主人が会議で夕食が要らなかったので、
義父母を誘って、中華を食べに行きました。
喜んでもらって良かったです。
同居の頃は、色々あったけど、こういう関係に
なれた事が嬉しいです。

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔  の作者様
最高点句おめでとうございます。
「秋の顔」と言うフレーズが季語として弱いとは
思いましたが、秋の雰囲気を出していると思い
選句させていただきました。



最近、この時期にやってくるめまいに悩まされて、体調不良でしたがやっと落ち着いて来ました。やれやれ。こんな時って何もする気になれないんですよね。
句会を休まれたクリトンさんは大丈夫かな?おーーい。


名乗ります 投稿者:ヤチ代 投稿日:2017/09/14(Thu) 19:16 No.19325   
ヤチ代名乗り

杖をつくべつたら市の馴染み客 (3)
(中ちゃん・まぐのりあさん・鶴子さん)

中腰で百円分の天の川 (2)
(流さん・越冬こあらさん)

以上

中ちゃんさん・まぐのりあさん・鶴子さん・流さん・越冬こあらさん選句いただきありがとうございます。
中ちゃんさん、流さんにはコメントを越冬こあらさんには付け句をいただきありがとうございました。

最高得点句
「珈琲を濃いめに淹れて秋の顔」
の作者様おめでとうございます。
私も選句させていただきました。

私の「中腰で百円分の天の川」ですが謎解きみたいな句になってしまいましたがどなたにわかってもらえるか楽しみにしていました。
真っ先に流さんに自販機との解釈をしていただきそうも詠めるな〜と関心しました。(我が家の近くに100円の飲み物の自販機ありますよ)
実は展望台などにある100円を入れて見る双眼鏡のことです。
越冬こあらさんにズバリ当てられてしまいました。
大人にとってはちょっと低すぎるし子供にとっては高すぎる(踏み台などあるところもありますが)幼児は抱かないととどかなかったりするんです。
省略し過ぎたかと思っていましたが分かってくださった人、それもズバリ当ててくださった越冬こあらさんありがとうございました。

名乗ります 投稿者: 投稿日:2017/09/14(Thu) 07:18 No.19324   
流名乗り

灯台へ道は花野を真っ直ぐに (2)
(中ちゃん・樽金さん)

帰り来て寝た子降ろせば天の川 (4)
(樽金さん・まぐのりあさん・こひつじさん・鶴子さん)

恩師宅辞して仰げば天の川 (2)
(越冬こあらさん・未貴さん)

以上

ご選句頂きました皆様ありがとうございます
樽金さんには二句選をいただきました
ありがとうございます

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

の作者様トップおめでとうございます
ぼくは愚かにも取り落しています
濃い珈琲をいれることと秋の顔にどのような関係があるのか
わかりませんでした
しかし多くの方が分かっておられる・・
ここにぼくの問題があるようですね

%p400=pbs.twimg.com/media/DJYuDfgVoAAAza7.jpg%%

■■第629回QLDボード句会「選句一覧」... 投稿者:越冬こあら 投稿日:2017/09/14(Thu) 05:57 No.19323   
■■第629回QLDボード句会「選句一覧」■■

第629回QLDボード句会の選句一覧を発表致します。

冬瓜の尻を守りし紐の網 (2)
(まぐのりあ・越冬こあら)

いつもよりたんと炊きたる今年米 (1)
(鶴子)

青空の動けば動く曼殊沙華 (3)
(樽金・亜紀・未貴)

どら焼きの列に並んで秋彼岸 (2)
(泥亀・越冬こあら)

殉教の露の石碑をなぞりけり (2)
(ヤチ代・こひつじ)

芋嵐育てば肉に成る子豚 (1)
(こひつじ)

灯台へ道は花野を真っ直ぐに (2)
(中ちゃん・樽金)

胡麻叩く筵に婆と茶と駄菓子 (2)
(亜紀・未貴)

淡く濃くまた淡く霧牛点てん (1)
(中ちゃん)

ひく波に曳かれゆく過去浜の秋 (2)
(中ちゃん・ヤチ代)

堰(せき)越ゆる水泡だちて秋出水 (1)
(泥亀)

過不足を一日言わず白露の日 (3)
(亜紀・越冬こあら・未貴)

秋の朝道は片側四車線 (1)
(まぐのりあ)

帰り来て寝た子降ろせば天の川 (4)
(樽金・まぐのりあ・こひつじ・鶴子)

二百十日赤んぼやうやく首据わる (2)
(亜紀・鶴子)

渓流の流れをたたく黄鶺鴒(きせきれい) (1)
(泥亀)

乗り降りに膝の輝く秋日和 (1)
(樽金)

檸檬二個檸檬哀歌の歌碑の前 (3)
(流・こひつじ・未貴)

ひと日空け同じ木に来し法師蝉 (1)
(樽金)

杖をつくべつたら市の馴染み客 (3)
(中ちゃん・まぐのりあ・鶴子)

秋茄子や姑(ハハ)とは同志かも知れぬ (1)
(ヤチ代)

嫁ぐ子や日に日に秋は深まりて (1)
(流)

中腰で百円分の天の川 (2)
(流・越冬こあら)

闇刻む虫の音高くまた低く (2)
(ヤチ代・泥亀)

恩師宅辞して仰げば天の川 (2)
(越冬こあら・未貴)

練り歩く山車に知る顔秋祭 (2)
(流・まぐのりあ)

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔 (6)
(中ちゃん・ヤチ代・泥亀・亜紀・こひつじ・鶴子)

青空に音符の如くあかとんぼ (1)
(流)

以上

今句会の最高得点句は、

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔 (6)

でした。おめでとうございます!

出句=11名( 33句) 選句=11名( 55句)

選句します 投稿者:鶴子 投稿日:2017/09/14(Thu) 05:06 No.19322 home   
鶴子選

いつもよりたんと炊きたる今年米

帰り来て寝た子降ろせば天の川

二百十日赤んぼやうやく首据わる

杖をつくべつたら市の馴染み客

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

以上


( ノ゚Д゚)おはようございます。
もう少ししましたら近くの公園へ散歩兼て一人吟行です。

選句します 投稿者:未貴 投稿日:2017/09/14(Thu) 00:01 No.19321   
未貴選

青空の動けば動く曼殊沙華

胡麻叩く筵に婆と茶と駄菓子

過不足を一日言わず白露の日

檸檬二個檸檬哀歌の歌碑の前

恩師宅辞して仰げば天の川

以上

選句のみで失礼します。

選句します 投稿者:越冬こあら 投稿日:2017/09/13(Wed) 22:05 No.19320   
越冬こあら選

冬瓜の尻を守りし紐の網
どら焼きの列に並んで秋彼岸
過不足を一日言わず白露の日
中腰で百円分の天の川
恩師宅辞して仰げば天の川

以上
---------------------------------
冬瓜の尻を守りし紐の網
 流行りの髪型流行りのパンツ

どら焼きの列に並んで秋彼岸
 百円玉をふたつ握って

過不足を一日言わず白露の日
 津軽漆器に並べる茶菓子

中腰で百円分の天の川
 無料観光望遠鏡

恩師宅辞して仰げば天の川
 風はサラサラ木の葉を鳴らし

意味の不可解、不如意等、ご容赦下さい。

選句します 投稿者:こひつじ 投稿日:2017/09/13(Wed) 21:50 No.19319   
こひつじ選

殉教の露の石碑をなぞりけり

芋嵐育てば肉に成る子豚

帰り来て寝た子降ろせば天の川

檸檬二個檸檬哀歌の歌碑の前

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

以上

選句のみで失礼します。

選句します 投稿者:亜紀 投稿日:2017/09/13(Wed) 17:40 No.19318   
亜紀選

青空の動けば動く曼殊沙華

胡麻叩く筵に婆と茶と駄菓子

過不足を一日言わず白露の日

二百十日赤んぼやうやく首据わる

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

以上

今日はからっとよく晴れました♪

: 選句します 投稿者:泥亀 投稿日:2017/09/13(Wed) 07:21 No.19317   
泥亀選

どら焼きの列に並んで秋彼岸

堰(せき)越ゆる水泡だちて秋出水

渓流の流れをたたく黄鶺鴒(きせきれい)

闇刻む虫の音高くまた低く

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

以上


どら焼きの列に並んで秋彼岸

九月二十三日頃、今は亡き家族がこよなく愛した上野の「うさぎや」の列に並んで購入し仏前にあるいは墓に供える優しい作者である。

堰(せき)越ゆる水泡だちて秋出水

取水や水位・流量の調節のため水路中または流出口に設置された堰を大雨で水嵩を増し越えてゆく。やがて岸を侵し畑や人家を水浸しするニュースが流されるのもこの頃である。

渓流の流れをたたく黄鶺鴒(きせきれい)

谷川で渓流釣りを楽しんでいる傍らで常に尾を上下に動かし岩から岩へ飛び移る黄鶺鴒の姿を描写している。こんな風景は今も昔も同じである。

闇刻む虫の音高くまた低く

静寂に満ちた夜の帳に降り立つ闇のナイトの如き蟋蟀は「肩刺せ 裾刺せ 綴れ刺せ」とアクセントを付けて冬支度を急かせるのである。

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

野山の色も変わり、風も身にしむようになりもの寂しくあわれなる秋の候。
季節感を前面に出さず心を澄まし来し方行く末を濃い目のコーヒーに委ねた心穏やかな心境は羨ましい。

選句します 投稿者:まぐのりあ 投稿日:2017/09/12(Tue) 13:55 No.19316   
まぐのりあ選

冬瓜の尻を守りし紐の網

秋の朝道は片側四車線

帰り来て寝た子降ろせば天の川

杖をつくべつたら市の馴染み客

練り歩く山車に知る顔秋祭

以上


選句のみで失礼いたします。

選句します 投稿者:樽金 投稿日:2017/09/12(Tue) 09:00 No.19315   
樽金選

青空の動けば動く曼殊沙華

灯台へ道は花野を真っ直ぐに

帰り来て寝た子降ろせば天の川

乗り降りに膝の輝く秋日和

ひと日空け同じ木に来し法師蝉

以上

選句します 投稿者:ヤチ代 投稿日:2017/09/11(Mon) 23:21 No.19314   
ヤチ代選

殉教の露の石碑をなぞりけり

ひく波に曳かれゆく過去浜の秋

秋茄子や姑(ハハ)とは同志かも知れぬ

闇刻む虫の音高くまた低く

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

以上

選句のみで失礼いたします。

選句します 投稿者:中ちゃん 投稿日:2017/09/11(Mon) 20:56 No.19313 home   
中ちゃん選

灯台へ道は花野を真っ直ぐに

淡く濃くまた淡く霧牛点てん

ひく波に曳かれゆく過去浜の秋

杖をつくべつたら市の馴染み客

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔

以上


灯台へ道は花野を真っ直ぐに
    すぐに情景が見える好句。
    素直で好感がもてます。

淡く濃くまた淡く霧牛点てん
    技巧に走っているか?
    でも、生き生きとむかし見た景が思い出されます。

ひく波に曳かれゆく過去浜の秋
    寂しい秋の浜がよく描かれていると感じました。
    「寂しい」と直接言わなかった点が手柄。

杖をつくべつたら市の馴染み客
    老人が毎年来るのでしょうね。この句も容易に景が見えます。

珈琲を濃いめに淹れて秋の顔
    「秋の顔」には意表を突かれました。
    言われてみれば、そうかもしれないと感じました。
    今回のイチオシです。


気はきいていても川柳っぽい句は採りませんでした。
情景がすぐに見える句を選びました。
格調の高さを重視しました。

選句します 投稿者: 投稿日:2017/09/10(Sun) 14:43 No.19311   
流選

檸檬二個檸檬哀歌の歌碑の前

嫁ぐ子や日に日に秋は深まりて

中腰で百円分の天の川

練り歩く山車に知る顔秋祭

青空に音符の如くあかとんぼ

以上


檸檬二個檸檬哀歌の歌碑の前
   歌碑の前にレモンが二個置かれているのですね
   誰かがお供えしていったのでしょうか
   いやこの詠者がお供えしたのかも・・です
嫁ぐ子や日に日に秋は深まりて
   娘がいないのでお気持ちは具にはわかりませんが
   もしこれが男親だとすると寂しいものだそうですね
   ただでも物寂しい季節に・・
   「秋は深まりて・・」がお見事です
中腰で百円分の天の川
   百円分・・と言うところが少し難解ですが
   これは多分自販機で何か買っているのではないでしょうか
   品物を取り出すために中腰になって
   その時にふと天の川を見上げます
   ・・・でも今はドリンクは130円・・
   百円分ではないかもしれませんが・・   
練り歩く山車に知る顔秋祭
   秋祭り
   山車がやってきました
   気がつくと山車に乗っている人
   付き添っている人の中には
   顔なじみの人がいます
   まぁ地域のお祭りですから当然と言えば当然ですが・・
青空に音符の如くあかとんぼ
   蜻蛉の動きってほんとに音符のようですね
   ご慧眼!!

%p600=pbs.twimg.com/media/DJTmsbYUIAAKd1J.jpg%%

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

No. 暗証キー

- YY-BOARD -