過去ログ
キーワード 条件 表示

名乗ります ヤチ代 - 2017/10/12(Thu) 07:51 No.19425

ヤチ代名乗り

鰯雲庭のバケツに切り取られ (4)
(こひつじさん・越冬こあらさん・亜紀さん・未貴さん)

カーテンを抜けて入り来る素秋風 (1)
(まぐのりあさん)

以上

こひつじさん・越冬こあらさん・亜紀さん・未貴さん・まぐのりあさん選句くださりありがとうごさいます。
越冬こあらさんには付け句をまぐのりあさんにはコメントをいただきありがとうごさいます。

最高得点句の
「別荘の赤錆の錠秋の風」
の作者様おめでとうございます。
私も選句させて頂きました。

名乗ります 樽金 - 2017/10/12(Thu) 07:44 No.19424


樽金名乗り

指にとまるとんぼに重みなかりけり (1)
(流さん)

スキップで帰る塾の子星月夜 (3)
(中ちゃん・まぐのりあさん・亜紀さん)

臥す妻の窓辺往き来る秋の蝶 (2)
(流さん・クリトンさん)

以上

今回も何とか3句名乗ることができました。
ご選ありがとうございます。
流さん、トップ賞おめでとうございます。




名乗ります  - 2017/10/12(Thu) 07:26 No.19423

流名乗り

別荘の赤錆の錠秋の風 (5)
(クリトンさん・樽金さん・こひつじさん・中ちゃん・ヤチ代さん)

渋滞や釣瓶落としの陽は早し (1)
(まぐのりあさん)

谷深き辺より暮れる刈田かな (2)
(泥亀さん・樽金さん)

以上

ご選句くださいました皆様ありがとうございました

%p400=pbs.twimg.com/media/DLzNZskVAAEOLUt.jpg%%


■■第631回QLDボード句会「選句一覧」■■ 越冬こあら - 2017/10/12(Thu) 05:42 No.19422

■■第631回QLDボード句会「選句一覧」■■

第631回QLDボード句会の選句一覧を発表致します。

曼殊沙華えにしのやうに細き雨 (1)
(まぐのりあ)

点線に沿って切り取る秋一枚 (2)
(泥亀・クリトン)

隣り屋の熟れ柿今日はもがるるか (3)
(ヤチ代・鶴子・未貴)

指にとまるとんぼに重みなかりけり (1)
(流)

円錐の月見団子を崩しけり (1)
(中ちゃん)

鰯雲庭のバケツに切り取られ (4)
(こひつじ・越冬こあら・亜紀・未貴)

ピンポーン新米ですよと米屋かな (1)
(鶴子)

鶏頭の紅き脳溝くねくねと (3)
(流・亜紀・未貴)

駅に買ふシュウマイ弁当秋の雲 (2)
(ヤチ代・越冬こあら)

コスモスや後継ぎの無き田と畑 (3)
(流・亜紀・未貴)

床払い一歩を確かむ良夜かな (4)
(流・クリトン・こひつじ・未貴)

満月やジャズコンサート果てにけり (3)
(泥亀・鶴子・越冬こあら)

スキップで帰る塾の子星月夜 (3)
(中ちゃん・まぐのりあ・亜紀)

別荘の赤錆の錠秋の風 (5)
(クリトン・樽金・こひつじ・中ちゃん・ヤチ代)

渋滞や釣瓶落としの陽は早し (1)
(まぐのりあ)

秋冷や自分で開けるピアス穴 (1)
(こひつじ)

鳳仙花拾ふ童ら風まとひ (1)
(樽金)

臥す妻の窓辺往き来る秋の蝶 (2)
(流・クリトン)

東京ドーム丸ごとつつむ夜霧かな (3)
(樽金・鶴子・越冬こあら)

木犀に送られ戻る駅舎かな (3)
(泥亀・こひつじ・中ちゃん)

団栗を転(まろ)ばしてゐる夜の卓 (1)
(樽金)

谷深き辺より暮れる刈田かな (2)
(泥亀・樽金)

開帳の秘仏に届け法師蝉 (2)
(クリトン・まぐのりあ)

秋空やカートを引いて外人さん (2)
(中ちゃん・ヤチ代)

佛手柑あや取りすれば絡みあふ (4)
(泥亀・ヤチ代・越冬こあら・亜紀)

カーテンを抜けて入り来る素秋風 (1)
(まぐのりあ)

富士映す湖の霧掻く我れが櫂 (1)
(鶴子)

以上

今句会の最高得点句は、

別荘の赤錆の錠秋の風 (5)

でした。おめでとうございます!

出句=12名( 36句) 選句=12名( 60句)

選句します 未貴 - 2017/10/11(Wed) 22:46 No.19421

未貴選

隣り屋の熟れ柿今日はもがるるか

鰯雲庭のバケツに切り取られ

鶏頭の紅き脳溝くねくねと

コスモスや後継ぎの無き田と畑

床払い一歩を確かむ良夜かな

以上

選句のみで失礼します。

選句します 亜紀 - 2017/10/11(Wed) 22:27 No.19420

亜紀選

鰯雲庭のバケツに切り取られ

鶏頭の紅き脳溝くねくねと

コスモスや後継ぎの無き田と畑

スキップで帰る塾の子星月夜

佛手柑あや取りすれば絡みあふ

以上

選句遅くなりました。よろしくお願いいたします。

選句します 越冬こあら - 2017/10/11(Wed) 21:52 No.19419

越冬こあら選

鰯雲庭のバケツに切り取られ
駅に買ふシュウマイ弁当秋の雲
満月やジャズコンサート果てにけり
東京ドーム丸ごとつつむ夜霧かな
佛手柑あや取りすれば絡みあふ

以上
---------------------------------
鰯雲庭のバケツに切り取られ
 親子で食すコンビニスィーツ

駅に買ふシュウマイ弁当秋の雲
 茶色い帽子で御澄ましひょうちゃん

満月やジャズコンサート果てにけり
 ロックが似合うシングルモルト

東京ドーム丸ごとつつむ夜霧かな
 放送で聴く明日の天気

佛手柑あや取りすれば絡みあふ
 細くて長い細君の指

意味の不可解、不如意等、ご容赦下さい。

選句します 鶴子 - 2017/10/11(Wed) 11:04 No.19418

鶴子選

隣り屋の熟れ柿今日はもがるるか

ピンポーン新米ですよと米屋かな

満月やジャズコンサート果てにけり

東京ドーム丸ごとつつむ夜霧かな

富士映す湖の霧掻く我れが櫂

以上


選句するにあたって何回も読み直してから、結局大好きな句の
選句となりました。

選句します ヤチ代 - 2017/10/10(Tue) 12:50 No.19417

ヤチ代選

隣り屋の熟れ柿今日はもがるるか

駅に買ふシュウマイ弁当秋の雲

別荘の赤錆の錠秋の風

秋空やカートを引いて外人さん

佛手柑あや取りすれば絡みあふ

以上


選句のみで失礼いたします。

選句します まぐのりあ - 2017/10/10(Tue) 11:50 No.19416

まぐのりあ選

曼殊沙華えにしのやうに細き雨

スキップで帰る塾の子星月夜

渋滞や釣瓶落としの陽は早し

開帳の秘仏に届け法師蝉

カーテンを抜けて入り来る素秋風

以上


曼殊沙華えにしのやうに細き雨
 曼殊沙華は枝も葉も節も無い茎が地面から出てその先に花を着けます。
 細い茎が輪状についた赤い花を支え力強さも感じる花です。
 花弁の華やかさ 細い花弁にそっと細い雨が優しく落ちている景
 曼殊沙華に糸のように縁ある雨が落ちる様 来年の為に・・
 綺麗です。

スキップで帰る塾の子星月夜
 こちらまでスキップしたくなる星月夜

渋滞や釣瓶落としの陽は早し
 行楽の秋 お出かけしたいのは皆おなじ気持ちですね。
 行きは良い 良い 帰りは渋滞
 日暮れの帰路はたちまち暮れて来ました。

開帳の秘仏に届け法師蝉
 出家した蝉 読経を秘仏に・・
 蝉法師です。

カーテンを抜けて入り来る素秋風
 いい季節です。短い時節ですが春には無い大人のひと時のようです。
 
***** **** *****
今回もいい句ばかりで散々悩みました。

選句します 中ちゃん - 2017/10/10(Tue) 04:51 <URL> No.19415

中ちゃん選

円錐の月見団子を崩しけり

スキップで帰る塾の子星月夜

別荘の赤錆の錠秋の風

木犀に送られ戻る駅舎かな

秋空やカートを引いて外人さん

以上


円錐の月見団子を崩しけり
    団子を崩すという発見。

スキップで帰る塾の子星月夜
    子供は勉強も楽しみに変えてしまいます。

別荘の赤錆の錠秋の風
    「赤錆」と「秋の別荘」は付きすぎか?

木犀に送られ戻る駅舎かな
    「戻る」まで言ったのが非凡。

秋空やカートを引いて外人さん
    季が動くか?

選句します 樽金 - 2017/10/09(Mon) 08:21 No.19411

樽金選

別荘の赤錆の錠秋の風

鳳仙花拾ふ童ら風まとひ

東京ドーム丸ごとつつむ夜霧かな

谷深き辺より暮れる刈田かな

団栗を転(まろ)ばしてゐる夜の卓

以上

虚子著に「俳句はかく解しかく味う」(ワイド版岩波文庫)があり、
時々読んでは参考にしています。
虚子は「ちょっと人をあっといわせてやろうというような賤しい
巧み」とか「気取った作り物のような句」を排斥し、「実情実景を
そのまま描くこと」、「句の品格」を強調しているようです。
樽金も作り物そのものになりがちなので大いに反省しなければなら
ないとは思いますが、人格がなっていないのでいつの間にか元の木阿弥です。




俳句の品格 中ちゃん - 2017/10/10(Tue) 04:38 <URL> No.19414

俳句の品格は虚子がもっとも重視したところです。
品格には注意しているのですが、珍しい句を作ろうとすると
どうしても品格がおろそかになってしまう私です。

「面白い句といふのはたくさんあるが、品格のある句は少ない」(虚子)

更新連絡 越冬こあら - 2017/10/08(Sun) 15:12 No.19408

QLD句会録 第630回まで「句会録棚」にアップロードしました。
(句会会場 > 資料室 > QLD句会録)

十七茶ログファイル 2017年9月までアップロードしました。
(句会会場 > 資料室 > 十七茶ログ)

QLD歳時記 第630回までの句を例句に反映しました。
季語数 2,678語(うち親季語数 1,679語)
例句数 11,210句
(QLD句会にて2選以上を獲得した句が例句となります)

以上。
句集を作ろうか 中ちゃん - 2017/10/10(Tue) 04:26 <URL> No.19413

越冬こあらさんのリストを基にして、第1回から参照して
冥途の土産に句集を作ろうかと考えています。

越冬こあらさんの地道な整理は貴重です。

選句します こひつじ - 2017/10/09(Mon) 10:24 No.19412

こひつじ選

鰯雲庭のバケツに切り取られ

床払い一歩を確かむ良夜かな

別荘の赤錆の錠秋の風

秋冷や自分で開けるピアス穴

木犀に送られ戻る駅舎かな

以上

木犀に送られ戻る駅舎かな・・・地味な俳句ですが、なるほどと感慨深い気持ちになりました。



選句します クリトン - 2017/10/08(Sun) 19:47 No.19410

クリトン選

点線に沿って切り取る秋一枚

床払い一歩を確かむ良夜かな

別荘の赤錆の錠秋の風

臥す妻の窓辺往き来る秋の蝶

開帳の秘仏に届け法師蝉

以上


: 選句します 泥亀 - 2017/10/08(Sun) 17:25 No.19409

泥亀選

点線に沿って切り取る秋一枚

満月やジャズコンサート果てにけり

木犀に送られ戻る駅舎かな

谷深き辺より暮れる刈田かな

佛手柑あや取りすれば絡みあふ

以上


点線に沿って切り取る秋一枚

秋は田畑の収穫、山野の実りの季節である。野山の色も変わり、風も身にしむようになり、物の寂しさ哀れになる秋の本意を切り取っている。

満月やジャズコンサート果てにけり
澄み渡る夜空に満月が輝く光の下に今、屋外のジャズコンサートが開催され余韻のうちに三々五々と去ってゆく姿が見える。や、けりは避けるべきと初心者向きに言われているがこの句には当たらない。「けり」の余韻はスーツと消え入るような感じがあるので気にならない。

木犀に送られ戻る駅舎かな
木犀は花の姿を見るより早く、まずその香りで開花を知るのである。駅舎に植えられている木犀の香に背中を押され帰宅あるいは旅を急ぐ風景を描写している。

谷深き辺より暮れる刈田かな
豊かに稲穂が揺れている密度の濃い風景から一転して急に広々と視界が開け点々と並んでいる刈田をうまく切り取っている。

佛手柑あや取りすれば絡みあふ
果実の下端は避けて、指を列ねた形にあるいは拳状のものもあり砂糖漬けにして食用とする。仏手柑そのものの説明であると思うが発想の面白さに賛同した。


選句します  - 2017/10/08(Sun) 10:56 No.19407

流選

指にとまるとんぼに重みなかりけり

鶏頭の紅き脳溝くねくねと

コスモスや後継ぎの無き田と畑

床払い一歩を確かむ良夜かな

臥す妻の窓辺往き来る秋の蝶

以上


指にとまるとんぼに重みなかりけり
   素晴らしい視点ですね
   ほんと重みなどないかの如き蜻蛉です
鶏頭の紅き脳溝くねくねと
   写真でしか見たことはありませんが
   面白い視点です!!
コスモスや後継ぎの無き田と畑
   そうなんですねぇ
   後継者がいなくって田圃も畑も荒れ放題
   コスモスってほぼ雑草ですからねぇ!!
床払い一歩を確かむ良夜かな
   病気上がり
   おそるおそる歩いてみたのは月のきれいな夜でした
   回復とお月様って余りにかけ離れた二つのテーマ
   ちょっとかけ離れ過ぎていて新鮮です
臥す妻の窓辺往き来る秋の蝶
   闘病の窓辺に蝶々が飛んできてはまた離れて行く
   しかもそれは今を盛りの春の蝶ではなく秋の蝶
   なんかちょっと解釈が難しいお句ですが
   この難しいところに興味を引かれました

%p400=pbs.twimg.com/media/DLKB4ONVYAAwGPH.jpg%%

■■第631回QLDボード句会「開句」■■ こひつじ - 2017/10/08(Sun) 06:58 No.19406

■■第631回QLDボード句会「開句」■■
---------------------------------------

あぶれ蚊や甕(かめ)の水面をゆるゆると

ねころべば子豚の鼻に赤とんぼ

曼殊沙華えにしのやうに細き雨

山のべのぬすびと萩にとらはるる

仲秋やモンゴロイドは月拝む

点線に沿って切り取る秋一枚

隣り屋の熟れ柿今日はもがるるか

指にとまるとんぼに重みなかりけり

円錐の月見団子を崩しけり

鰯雲庭のバケツに切り取られ

ピンポーン新米ですよと米屋かな

鶏頭の紅き脳溝くねくねと

駅に買ふシュウマイ弁当秋の雲

コスモスや後継ぎの無き田と畑

床払い一歩を確かむ良夜かな

満月やジャズコンサート果てにけり

スキップで帰る塾の子星月夜

別荘の赤錆の錠秋の風

渋滞や釣瓶落としの陽は早し

秋冷や自分で開けるピアス穴

鳳仙花拾ふ童ら風まとひ

臥す妻の窓辺往き来る秋の蝶

東京ドーム丸ごとつつむ夜霧かな

胡桃落つイーハトーブの岸辺かな

木犀に送られ戻る駅舎かな

団栗を転(まろ)ばしてゐる夜の卓

谷深き辺より暮れる刈田かな

開帳の秘仏に届け法師蝉

秋空やカートを引いて外人さん

佛手柑あや取りすれば絡みあふ

赤とんぼ「肩にとまれ」と山路かな

満月を撮つて送るるスマホかな

休耕田ただ一輪の曼殊沙華

カーテンを抜けて入り来る素秋風

残る柿空の青さと色くらべ

富士映す湖の霧掻く我れが櫂

---------------------------------------
以上です。
※出句者数12名 出句総数36句

出句者(敬称略)
こひつじ,まぐのりあ,クリトン,ヤチ代,亜紀,越冬こあら
樽金,中ちゃん,鶴子,泥亀,未貴,流


出句しました 未貴 - 2017/10/07(Sat) 22:28 No.19405

第631回QLD句会に出句しました。
よろしくお願いいたします。

夕食はミートソースパスタ、サラダなどでした。

出句しました 越冬こあら - 2017/10/07(Sat) 22:25 No.19404

第631回QLD句会に出句しました。
夕食は鰤のあら煮と焼き茄子でした。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |