過去ログ
キーワード 条件 表示

名乗ります ヤチ代 - 2017/06/25(Sun) 06:54 No.19013

ヤチ代名乗り

脇息と座椅子の木地や夏料理 (2)
(泥亀さん・こひつじさん)

以上

泥亀さん・こひつじさん選句頂きありがとうございます。
泥亀さんにはコメントを頂き重ね重ねありがとうございます。

最高得点句
「熊楠の夢に届けむ花あふち」
のまぐのりあさんおめでとうございます。
私も選句させていただきました。

名乗ります 越冬こあら - 2017/06/25(Sun) 05:56 No.19012

越冬こあら名乗り

冷素麺女同志の頼みごと (2)
(こひつじさん・ヤチ代さん)

以上
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ご選句頂いた皆様、ありがとうございます。

冷素麺女同志の頼みごと
 年齢不問辛口女子会

>こひつじさん、その「まさか」でした。
傍目から見ると、女同志って不思議です。

まぐのりあさん、最高点おめでとうございます。

名乗ります 未貴 - 2017/06/24(Sat) 20:58 No.19010

未貴名乗り

近道といふ境内の濃紫陽花 (1)
(越冬こあらさん)

濡れそぼち無頼みがくか梅雨鴉 (3)
(流さん・亜紀さん・鶴子さん)

以上

御選・付句をいただきました皆様、有難うございました。
2句なのりができました。

まぐのりあさん、最高点おめでとうございます。
私も最近、鎌倉のお寺で大きな栴檀が花をつけているのを見て、とても印象的でした。
またの名を樗の花といいますね。


名乗ります 亜紀 - 2017/06/24(Sat) 19:23 No.19009

亜紀名乗り

紫陽花を徐行してゆく電車かな (2)
(まぐのりあさん・こひつじさん)

植木鉢の縁を登れる蟻の列 (2)
(越冬こあらさん・未貴さん)

以上

2句名乗ることができました。
お採りくださいました皆さまありがとうございます。

最高点のまぐのりあさん、おめでとうございます♪

名乗ります まぐのりあ - 2017/06/24(Sat) 18:21 No.19008

まぐのりあ名乗り

青水無月野鳥アプリに付箋増え (1)
(泥亀さん)

熊楠の夢に届けむ花あふち (6)
(流さん・泥亀さん・ヤチ代さん・越冬こあらさん・未貴さん・亜紀さん)

以上

*** *** ***
二句名乗れました。
なんとヒット賞で最高得点賞を頂戴いたしました。
ご選句くださいました皆さまありがとうございました。
泥亀さん 野鳥アプリの句 ご鑑賞どおりです。

田辺市の熊楠邸に熊楠の好きだった栴檀の巨木があります。
行く度に抱きついて帰ります。
栴檀の淡紫の花を見ると熊楠さんへ見せたくなります。
臨終の床で天井に栴檀の花を見た熊楠さんです。
今後も「まぐのりあ」らしい作句目指します。


第624回QLDボード句会「要領」 こひつじ - 2017/06/24(Sat) 10:23 No.19007

第624回QLDボード句会「要領」をお知らせに載せました。ご覧ください。


中ちゃんの近況です。
先日、退院の運びとなりご自宅に帰られたのですが、その夜具合が悪くなり、救急車で再入院されたそうです。今は体調は落ち着き、来週には退院されるそうです。

気力も戻り、ブログを再開しようかなあとおっしゃって
いたので、楽しみにしているところです。(^^♪


名乗ります 泥亀 - 2017/06/24(Sat) 06:52 No.19006

泥亀名乗り

観衆のあふれ蛍は帯となり (1)
(鶴子さん)

漆黒の闇かき混ぜる蛍かな (3)
(まぐのりあさん・こひつじさん・鶴子さん)

以上

2句名乗れました。選句して下さった方々、誠に
有難うございました。
特に鶴子さんには2句も感謝申し上げます。

熊楠の夢に届けむ花あふちの作者様おめでとうございます。
大好きな句でした。





名乗ります こひつじ - 2017/06/23(Fri) 20:42 No.19004

こひつじ名乗り

無重力に五体を放ち泳ぎけり (2)
(流さん・ヤチ代さん)

後ろ手に植田見まわる父は無く (2)
(流さん・越冬こあらさん)

我が影に右往左往の目高かな (2)
(まぐのりあさん・鶴子さん)

以上

3句名乗れました。選句して下さった方々、誠に
有難うございました。

>流さん    「泳ぎけり」より「泳ぎをり」の方が良いという提案ありがとうございます。なんせ、「けり」を
よく使う私です。推敲してみますね。

熊楠の夢に届けむ花あふちの作者様おめでとうございます。こひつじは取り落としました。(-.-)

けりクィーンのこひつじさんでしたか!!  - 2017/06/23(Fri) 21:28 No.19005

 
わぁこれは「けり」クィーンのこひつじさんでしたか
口幅ったいことを言いまして申し訳ありません
大変失礼しました

名乗ります  - 2017/06/23(Fri) 05:44 No.19003

流名乗り

紀伊の宿棕櫚を戦がす大南風 (3)
(まぐのりあさん・ヤチ代さん・亜紀さん)

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり (4)
(泥亀さん・越冬こあらさん・未貴さん・鶴子さん)

子ら並び座すシルエット蚊やり焚く (1)
(泥亀さん)

以上

ご選句くださいました皆様ありがとうございました
特に泥亀さんには二句選をありがとうございました
熊楠の夢に届けむ花あふち
の作者様トップおめでとうございます!!

%p400=stat.ameba.jp/user_images/20170321/01/boukai-shirahama/47/4a/j/o0680030013894845583.jpg%%


%p600=pbs.twimg.com/media/DC89Al5WsAEiitj.jpg%%


■■第623回QLDボード句会「選句一覧」■■ 越冬こあら - 2017/06/22(Thu) 21:43 No.19002

■■第623回QLDボード句会「選句一覧」■■

第623回QLDボード句会の選句一覧を発表致します。

近道といふ境内の濃紫陽花 (1)
(越冬こあら)

時の日や日々同じことくりかへし (4)
(まぐのりあ・ヤチ代・未貴・亜紀)

傘いらぬほどの雨なり花菖蒲 (4)
(流・こひつじ・未貴・亜紀)

冷素麺女同志の頼みごと (2)
(こひつじ・ヤチ代)

無重力に五体を放ち泳ぎけり (2)
(流・ヤチ代)

後ろ手に植田見まわる父は無く (2)
(流・越冬こあら)

紫陽花を徐行してゆく電車かな (2)
(まぐのりあ・こひつじ)

脇息と座椅子の木地や夏料理 (2)
(泥亀・こひつじ)

植木鉢の縁を登れる蟻の列 (2)
(越冬こあら・未貴)

我が影に右往左往の目高かな (2)
(まぐのりあ・鶴子)

青水無月野鳥アプリに付箋増え (1)
(泥亀)

観衆のあふれ蛍は帯となり (1)
(鶴子)

紀伊の宿棕櫚を戦がす大南風 (3)
(まぐのりあ・ヤチ代・亜紀)

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり (4)
(泥亀・越冬こあら・未貴・鶴子)

子ら並び座すシルエット蚊やり焚く (1)
(泥亀)

漆黒の闇かき混ぜる蛍かな (3)
(まぐのりあ・こひつじ・鶴子)

熊楠の夢に届けむ花あふち (6)
(流・泥亀・ヤチ代・越冬こあら・未貴・亜紀)

濡れそぼち無頼みがくか梅雨鴉 (3)
(流・亜紀・鶴子)

以上

今句会の最高得点句は、

熊楠の夢に届けむ花あふち (6)

でした。おめでとうございます!

出句= 9名( 27句) 選句= 9名( 45句)

選句しました 鶴子 - 2017/06/22(Thu) 18:01 <URL> No.19000

鶴子選

我が影に右往左往の目高かな

観衆のあふれ蛍は帯となり

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり

漆黒の闇かき混ぜる蛍かな

濡れそぼち無頼みがくか梅雨鴉

以上


一番遅くなってしまいました。ごめんなさい。_(._.)_
選句のみとさせていただきます。
%pic=blogimg.goo.ne.jp/user_image/52/3f/dc18f029ecbfd15f1c315712fa972968.jpg%%
目高の水瓶に蛾が飛び込んでしまいました。自力で這い上がって来たという写真です。
なんと!!  - 2017/06/22(Thu) 18:38 No.19001

 
な なんと飛んで水に入る夏の蛾 でしたか!!
お写真を拝見した時最初は小鳥かと思いました・・
メダカにも蛾にも命の別状はなくて何よりでした

加えてこの鶴子さんの選句しますはなんと19000番という
縁起のいいいわゆるキリ番でした

選句します 亜紀 - 2017/06/22(Thu) 08:16 No.18999

亜紀選

時の日や日々同じことくりかへし

傘いらぬほどの雨なり花菖蒲

紀伊の宿棕櫚を戦がす大南風

熊楠の夢に届けむ花あふち

濡れそぼち無頼みがくか梅雨鴉

以上

今日はまた梅雨晴れ間で暑くなりそうです。

選句します 未貴 - 2017/06/21(Wed) 23:34 No.18998

未貴選

時の日や日々同じことくりかへし

傘いらぬほどの雨なり花菖蒲

植木鉢の縁を登れる蟻の列

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり

熊楠の夢に届けむ花あふち

以上

暴風雨がやっとおさまりました。


選句します 越冬こあら - 2017/06/21(Wed) 21:41 No.18997

越冬こあら選

近道といふ境内の濃紫陽花
後ろ手に植田見まわる父は無く
植木鉢の縁を登れる蟻の列
井戸端の午後を旅ゆくかたつむり
熊楠の夢に届けむ花あふち

以上
---------------------------------
近道といふ境内の濃紫陽花
 御互い様に御粗末様で

後ろ手に植田見まわる父は無く
 麦わら帽子の黒き縁取り

植木鉢の縁を登れる蟻の列
 トテチテタッタと勇ましき風

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり
 帰りの汽車の時刻決めかね

熊楠の夢に届けむ花あふち
 国民総幸福量試算

意味の不可解、不如意等、ご容赦下さい。

選句します ヤチ代 - 2017/06/21(Wed) 17:36 No.18996

ヤチ代選

時の日や日々同じことくりかへし

冷素麺女同志の頼みごと

無重力に五体を放ち泳ぎけり

紀伊の宿棕櫚を戦がす大南風

熊楠の夢に届けむ花あふち

以上

選句のみで失礼いたします。

選句します こひつじ - 2017/06/20(Tue) 22:23 No.18995

こひつじ選

傘いらぬほどの雨なり花菖蒲

冷素麺女同志の頼みごと

紫陽花を徐行してゆく電車かな

脇息と座椅子の木地や夏料理

漆黒の闇かき混ぜる蛍かな

以上

冷素麺女同志の頼みごと・・・私の好きなタイプの句です。うふふと言う感じ。まさか、男性の句だったりして。
(^^;)


選句します 泥亀 - 2017/06/20(Tue) 19:23 No.18994

泥亀選

脇息と座椅子の木地や夏料理

青水無月野鳥アプリに付箋増え

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり

子ら並び座すシルエット蚊やり焚く

熊楠の夢に届けむ花あふち

以上

脇息と座椅子の木地や夏料理

京都貴船の川床は木々の緑が美しさも格別である。
旬を迎える野菜や魚介を用いたものなど涼味をあしらった料理が出される。
木材の脇息・座椅子は本格的料理の雰囲気を醸し出す必須のアイテムである。

青水無月野鳥アプリに付箋増え

探鳥会、旅行、散歩で鳥を見つけた時に鳥の記録を取る。鳥を見つけた場所や時間をアプリに記録し、鳥の種類数や見つけた場所などの情報をその都度加える。
そんな楽しい俳句観は嬉しい。

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり

時代は移り変わっても世間話に花を咲かせる人の心に変わりはありません。
延長線上の仲良し旅は話のネタは尽きず、話を横目に蝸牛は活動中である。

子ら並び座すシルエット蚊やり焚く

子供たちが椅子に座り授業を待っている。その傍らに香取線香がくすぶっている。
林間学校の授業が影絵のように浮かび上がっている実景を描写している。

熊楠の夢に届けむ花あふち

南方熊楠(みなかたくまぐす)は後にも先にも、これほど破天荒な才能はなかった。
超人的な知性と少年のような好奇心で誰よりも遠く深い場所に達した日本人。
白または淡紫色の小花を無数に円錐花序に開く、その花の姿に熊楠の夢と重なる。



選句します まぐのりあ - 2017/06/19(Mon) 22:35 No.18991

まぐのりあ選

時の日や日々同じことくりかへし

紫陽花を徐行してゆく電車かな

我が影に右往左往の目高かな

紀伊の宿棕櫚を戦がす大南風

漆黒の闇かき混ぜる蛍かな

以上


**************
選句のみで失礼いたします。


選句します  - 2017/06/18(Sun) 07:31 No.18989

流選

傘いらぬほどの雨なり花菖蒲

無重力に五体を放ち泳ぎけり

後ろ手に植田見まわる父は無く

熊楠の夢に届けむ花あふち

濡れそぼち無頼みがくか梅雨鴉

以上

☆無重力に五体を放ち泳ぎけり

もっとも私見では「けり」は少し強すぎる・・
「をり」ぐらいの方がいいのではないかと思いますが・・・

%p600=pbs.twimg.com/media/DCjDdFKVwAElFo4.jpg%%

■■第623回QLDボード句会「開句」■■ 越冬こあら - 2017/06/18(Sun) 05:36 No.18988

■■第623回QLDボード句会「開句」■■
---------------------------------------

近道といふ境内の濃紫陽花

時の日や日々同じことくりかへし

明易し生き物四たり飼うており

傘いらぬほどの雨なり花菖蒲

冷素麺女同志の頼みごと

無重力に五体を放ち泳ぎけり

後ろ手に植田見まわる父は無く

紫陽花を徐行してゆく電車かな

太陽の寿ぎ受ける山桜桃

脇息と座椅子の木地や夏料理

新緑や朝から二杯夜三杯

植木鉢の縁を登れる蟻の列

我が影に右往左往の目高かな

青水無月野鳥アプリに付箋増え

金糸梅まぶしきほどに見つめられ

観衆のあふれ蛍は帯となり

風避けて老犬胸に夏野行く

万緑を来て回廊にもの思ふ

紀伊の宿棕櫚を戦がす大南風

井戸端の午後を旅ゆくかたつむり

子ら並び座すシルエット蚊やり焚く

漆黒の闇かき混ぜる蛍かな

紫陽花の薄紫に雨雫

葉桜となりてため息一つ聴く

コル子ボードにささるチケット明易し

熊楠の夢に届けむ花あふち

濡れそぼち無頼みがくか梅雨鴉

---------------------------------------
以上です。
※出句者数9名 出句総数27句

出句者(敬称略)
こひつじ,まぐのりあ,ヤチ代,亜紀,越冬こあら,鶴子
泥亀,未貴,流

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |